定款

定款はこちらをご覧ください。

会員SNS

余った種・不要品の譲り合い、情報交換、交流、イベント、その他、会員主導で様々な企画や活動を行います。ボランティアや会員の相互協力により、パソコンやスマートフォンの操作が苦手な人でもストレスなく参加できるように整えます。山野草クラブ等の団体単位でも個人単位でも新たに山野草に興味を持った人にも参加していただけるものにします。
また、単に会員の楽しみのために止まらず、観光や産業活用、地域間交流や地域活性化などへと繋げるために、広く多方面からの参加を呼びかけて行きます。
この事業は、当法人のサービスの中心になるものですが、WEBシステムの構築・広報・ヘルプディスクなど、今の私たちの力だけでは実現が困難な部分もあり、一気に進行することはできません。皆様のご理解やご支援をいただきながら、ゆっくりではありますが、一歩ずつ進めております。

笠置山自然山野草園のご案内

四季の山野草が咲きほこる「笠置山」。自然がいっぱいの笠置自然山野草園へおいでください。
当園では、自然のままの環境で山野草を育てております。
山林に遊歩道を設けて、皆様に心行くまでその姿を楽しんでいただくと共に、気難しい山野草栽培の参考にしていただきたくじます。
尚、当園は山野草を愛するすべての人のために無料で公開されていますが、日常的な手入れは地元の恵那山野草クラブを中心としたボランティアの方々により行われ、また運営資金のほとんどは賛同者からの寄付により賄われています。

【園内散策マップ】

【アクセス方法】

【近くの観光スポット】
<笠置山山頂の観光スポット>
笠置神社奥社
笠置山山頂にある神社。駐車場より徒歩約30分です。
ヒカリゴケ(国の天然記念物)
笠置神社の社殿裏側一帯の巨岩と巨岩の間、あるいは巨岩の割れ目の洞穴の中に見ることができます。
物見岩
正面に恵那山、背景に中央アルプスがかすむ。眼下に恵那峡や恵那の町が一望できる、笠置山一番の絶景スポットです。
謎のピラミッドストーンとペトログラフ
笠置山にはピラミッドストーンや巨石が多く存在し、古代岩刻文字(ペトログラフ)が刻まれているものも見られます。

<笠置山の観光スポット>
一望千金展望台
車で行けます。絶景です。
笠置山マレットゴルフ場
笠置町はマレットゴルフ岐阜県発祥の地。山の斜面をそのまま利用した天然のゴルフ場は、36ホールの変化に富んだ人気のコースです。ここではマレットゴルフ全国大会も開催されました。
弘法大師(笠置山月光寺)
笠置山中腹の笠置山月光寺境内には、3mの弘法大師石像があります。
はあもにいの店(特産品店)
当園よりもっとも近い売店。近辺で採取した山菜や野菜、手作り民芸品等を販売しています。
ヒトツバタゴ(国の天然記念物)
別名:なんじゃもんじゃの木、笠置林道から徒歩で10分ほどのところに天然記念物の自生地があります。
望郷の森キャンプ場
笠置山の標高約1000メートル付近にあり、眺めの良いことで知られています。
笠置クライミングエリア
標高800~1050mにあるクライミングエリアです。

<笠置山周辺の観光スポット>
坂折棚田(日本の棚田100選)
笠置山周辺では棚田と呼ばれる独特の田園風景を多数見ることができます。特に「日本の棚田100選」に選ばれた中野方町坂折は、約500枚の田が幾重にも重なる美しい風景をつくり出しています。
不動の滝(特産品店)
笠置山の清水が作り出す不動の滝。近くには不動尊が祀ってあります。また新鮮な野菜などを販売する直販所があります。
笠置峡
春には桜、秋には紅葉、恵那峡に劣らぬ名勝です。

山野草自生地保護

【山野草保全活動のお手伝い】
山野草保全活動団体様のお手伝いを行います。ITを用いたテレワークにより、全国の山野草保全活動等の事務局業務や広報・企画などを中心にお手伝いします。インターネットとWEBカメラを用いた、遠隔監視とWEB公開の導入を支援します。

【愛知県下・岐阜県下の自生地保護】
愛知県・岐阜県付近において、保護されていない(または不十分な)自生地があった場合は、主導的あるいは指導的な保護活動を行います。その活動の一つとして、笠置山のヒカリゴケ(天然記念物)があります。

絶滅危惧種の保全栽培

【保全的栽培】
絶滅危惧種の保全的栽培と園芸種の栽培は全く異なります。園芸種の場合あるいは園芸種に改良する場合は、人が育てやすい環境に順応させるべく改良いします。しかし、絶滅危惧種を保全のために栽培する場合は、自然の環境のままで育て、植物の本来の性質も保全してやらねばなりません。そして将来的には自然に返してやることを目的としています。

【笠置自然山野草園】
笠置自然山野草園では、二ホンクマガイソウなど、いくつかの種を保全的栽培しています。時には専門家や技術者の力を借り、増殖させ、元の環境に移植する(戻す)ことを行っています。

山野草をテーマにした地域活性化

山野草をテーマに据えた地域の活性化についても考えます。

単に山野草を保護するとか観光資源とすると考えるのではなく、地域や広域で連携し協働することで、山野草をシンボルとして多岐に渡る多くの可能性が生まれます。

地域活性を考える時、山野草をどうプロデュースするかではなく、いかに発展的な連携や協働を編成するかが大事になります。

つまり、山野草を守らない地域活性化はないとしても、山野草を主役に据える必要はありません。

【笠置山活性化プロジェクト】
笠置山には、多くの価値ある遺産や文化財があります。植物においては、ヒカリゴケとヒトツバタゴが天然記念物に指定されています。

そのうち、ヒカリゴケについては充分な保護がなされておらず、このままでは絶滅してしまいます。そこでNSNではそのヒカリゴケを緊急保護し、継続的に保全する計画を立てました。

継続的な保全を確立するために、笠置山全体の活性化のための保全活動に位置付けました。

もちろん、この方法はどの保全地域にも当てはまるものではありません。状況に応じた方法を選択する必要があります。


趣味としての山野草の普及啓蒙

山野草を趣味として楽しむ場合、
・栽培する
・観賞する
・芸術・文化のモチーフとする
大きくはこのように分かれます。
NSNは趣味として山野草を楽しむ個人や団体を応援する活動をしています。
未だ山野草の魅力を知らない人たちには、その魅力と扱いの難しさと面白さを説き、趣味としての山野草の楽しみ方やマナーを広く普及啓蒙します。全国の山野草愛好団体には、他団体との交流会や合同でのイベント、ITを活用した新たな楽しみ、などのためのお手伝いをしています。

【講習会】
主に愛知県岐阜県にて年間6回ほどのペースで山野草を使った寄せ植え・苔玉・ハーバリウム等の講習会を行っています。今後は、e-ラーニングや合宿研修、資格認定制度なども行っていく予定です。

【情報データベース】
正しい山野草の知識、育て方、絶滅危惧情報、全国の山野草イベント情報などのデータベースを構築し提供することを目指しています。

【全国の愛好団体のIT化支援】
山野草の写真や活動風景の動画をクラウドで保管したり公開したり、ホームページやSNSで活動を伝えたり参加を呼びかけたり、そのようなことのためのお手伝いをしています。
ITを活用することは山野草の楽しみ方の幅を広げるだけではなく、日常生活においても大いに役立ちます。